ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番《春》、第6番&第10番

ベートーヴェン ソナタ第 ヴァイオリン

Add: eqaxinu10 - Date: 2020-12-18 01:50:56 - Views: 739 - Clicks: 1282

ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番《春》、第6番&第10番 ジャンルカ・カシオーリ, 庄司紗矢香. ヴァイオリンソナタ第5番 ヘ長調 作品24 は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが1800年から1801年にかけて作曲したヴァイオリンソナタ。 概要 編集. ヴァイオリンソナタ第6番 イ長調 作品30-1 は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが1802年に作曲したヴァイオリンソナタ。 概要 編集 ロシア皇帝 アレクサンドル1世 に献呈された「アレキサンダー・ソナタ」の1曲であり、次作の 第7番 、次次作の 第8. 『第10番 ト長調』 この最後のソナタを、ベートーヴェンがフランスの名ヴァイオリニスト、ピエール・ロード(1744~1830)のウィーン訪問に合わせて作曲したのは、1812年、《クロイツェル》の作曲から9年後のことである。これは『交響曲第7番』(op. ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番、第6番&第10番 ジャンルカ・カシオーリ, 庄司紗矢香 レーベル.

ヴァイオリン・ソナタ第5番ヘ長調 Op. ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番「春」,第6番,第10番 庄司紗矢香 Sayaka Shoji (Violin) ジャンルカ・カシオーリ Gianluca Cascioli (Piano) 年9月(No. 5 in F major, Op. 96 オリヴィエ・シャルリエ(ヴァイオリン) エマニュエル・シュトロッセ(ピアノ) 録音時期:年8月28-30日. · ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番《春》、第6番&第10番 Gianluca Cascioli & 庄司紗矢香 クラシック ·. ピアノ・ソナタ 第5番 Op. 93)が作曲された年だ。初演時にピアノを受け持った、彼の生徒にして友人、かつパトロンでもあったルドルフ大公に献呈されている。しばしば「田園的」と形容されるように、穏やかで満ち足りた午後の日差しを思わせる曲だが、第4楽章の変奏曲では主題に捉われない即興の妙が、後期の『弦楽四重奏曲』にも通じる幻想的な味わいを生み出している。 この曲を聴くと、いつもベートーヴェンの交響曲を思い出す。『交響曲第10番』が作曲されていたら、この『第10番』のソナタのように形式に捕われない、自由で幻想味豊かな音楽が生まれていたのではないだろうか。演奏される機会は少ないが、ベートーヴェンの音楽を考える上で貴重な示唆を与えてくれる曲である。 【】. 30-3 ヴァイオリン・ソナタ第10番 ト長調 Op.

ベートーヴェン: ヴァイオリン・ソナタ第5番「春」、第6番、第9番「クロイツェル」 ダヴィド・オイストラフ 、 スヴャトスラフ・リヒテル. 30-1 ヴァイオリン・ソナタ第8番 ト長調 Op. この3曲は1797年から98年にかけて作曲され、当時ウィーンの宮廷作曲家、宮廷楽長として名声を欲しいままにし、ベートーヴェンを始めとする19世紀の作曲家にイタリアオペラの書法を伝えて大きな影響を与えた、アントニオ・サリエリ(1750~1825)に捧げられている。ちなみにモーツァルトを毒殺したのではないかと言われているサリエリだが、どうやらそれは冤罪のようだ。 3曲とも、急(ソナタ形式)-緩(三部形式)-急(ロンド形式)というウィーン古典派の伝統に忠実な構成を取っており、モーツァルトの影響が顕著である。 『第2番 イ長調』(op.

ヴァイオリン・ソナタ第6番イ長調 Op. 大方の人にとっては、ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタと言っても、《春》や《クロイツェル》くらいしか馴染みがないことだろう。この2曲以外でよく演奏されるベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタといえば、「ハ短調」の『第7番』と軽快で親しみやすい『第8番』くらいではないだろうか。筆者も『第1番』や『第10番』のソナタを最後に演奏会で聴いたのがいつだったか、すぐには思い出すことができない。 いずれにせよ、生でベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタを全曲聴くには相当な努力が必要なことは明らかだ。それだけに、今回の漆原啓子さんと練木繁夫氏による《ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全曲演奏》という試みは、大変に貴重で意義深い。こんな機会はそうそうあるわけではない。お二人の勇気と才能に、そしてそれを可能にした情熱と体力に、まずは大いなる感謝を捧げよう。. ヴァイオリン・ソナタ第5番「春」、第6番、第8番、第10番、第9番「クロイツェル」 料金:S席¥9,000 A席¥7,500 学生割引S席¥4,500 A席¥3,750(各日).

30-1(録音:1967年10月29日、モスクワ) 3. 24『春』(録音:1969年5月19日、プラハ) 2. 第1楽章 Allegro assai ソナタ形式。ト長調、8分の6拍子。第1主題はヴァイオリンとピアノとのユニゾンで力強く登場する。第2主題は穏やかなC-H-E-D-C-H-H-Gis-A-A-H-Cの跳躍のない音型。展開部は遠隔調のイ短調。 第2楽章 Tempo di minuetto ma molto moderato e grazioso. 30-3 Violin Sonata No. ヴァイオリン・ソナタ 第5番 ヘ長調 作品24《春》第3楽章:Scherzo. 96 ヴァイオリン・ソナタ第9番「クロイツェル」イ長調 Op.

コンビニ受け取り送料無料! 30-1 Violin Sonata No. 6 in A major, Op. 24) 『第5番』のソナタは、《春》という名前の由来ともなっている初々しい第1楽章のテーマを始めとして、全編軽やかで美しいメロディが散りばめられ、ベートーヴェンの持って生まれたメロディ・メーカーとしての才能が遺憾なく発揮されている。『第4番』よりかなり早い時期に構想されたと言われているが、曲の構成も3楽章から4楽章へと拡大され、洗練された展開部の扱いとも相まって、見事な統一感を感じさせる作品となっている。《春》というタイトルは彼の死後に付けられたものだが、この曲を聴く者なら誰しも感じるであろう、新緑の鮮やかさや頬を撫でる春風の心地よさがよく表現されたネーミングだと言えよう。.

「ヴァイオリン・ソナタ第5番へ長調《春》」——まるで交響曲! 「作曲家」ベートーヴェンが生み出した傑作 生誕250年にあたる年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり. ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番《春》~7番(モノラル録音) アルテュール・グリュミオー arthur grumiaux. ヴァイオリン・ソナタ 第5番 へ長調 作品24≪春≫ 第3楽章: Scherzo. 30-1) 『第6番』は、しっとりと落ち着いた楽想が印象的だ。隠れたファンの多い曲である。『第7番』や『第8番』と比べると、起伏に乏しく感じられるためか演奏される機会は少ないが、優れたヴァイオリニストの手にかかると、滋味に富んだ充実感が味わえる。 『第5番』が春の爽やかな陽光や新緑を感じさせるとすれば、『第6番』が表現しているのは、秋の穏やかな木漏れ日や紅葉だ。なお、当初第3楽章には、現在『第9番《クロイツェル》』に使われている華やかな「プレスト」が使われる予定だったが、第1、第2楽章とのバランスを考え、今の変奏曲に差し替えたと言われている。 『第7番 ハ短調』(op. 10-1 - ベートーヴェン - ベルリンからの演奏旅行から戻り、翌97年にかけて製作された。前作のピアノソナタ作品7も同じ頃にかかれている。この3曲と次作「悲愴」ソナタでベートーヴェンにとってのピアノ・ソナタというジャンルは.

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンのヴァイオリンソナタ第10番ト長調作品96は最終作のヴァイオリンソナタであり、後のシューマンやブラームスの作品に通じる自由な構成の作品。ベートーヴェンは壮年期までにヴァイオリンソナタ全10曲のうち9曲まで. 『第9番 イ長調《クロイツェル》』 《クロイツェル・ソナタ》は、ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタの最高傑作というだけでなく、古今東西のヴァイオリン・ソナタの中でも特別の価値を持つ作品だ。出版されたのは1805年だが、彼はこの頃、『交響曲第3番《英雄》』(op. ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番『春』、第6番、第10番庄司紗矢香、カ. ヴァイオリン・ソナタ 第10番 ト長調 作品96 第1楽章:Allegro. 前後に連なる第6番や第8番とともに、1802年頃に作曲されたと推定されるヴァイオリンソナタである。 出版は1803年。 第6番、第8番とともにロシア皇帝アレクサンドル1世に献呈されており、この経緯から3曲とも通称「アレキサンダー・ソナタ」とも呼ばれている。. 30-3) 『第8番』は、『第7番』とはまさに対照的な、明るくそして愛らしい作品だ。演奏時間も『第7番』の三分の二程度で、ちょうど『交響曲第7番』と『第8番』の関係に似ている。ベートーヴェンというと、いつもしかめ面をして深刻ぶっているような印象があるが、彼にはこういう一面があることも頭に入れておく必要があるだろう。耳の病気のせいで作曲という行為が大きなストレスだったことは事実だろうし、もともと感情の起伏が激しかったことも事実だが、類まれな構成力と努力を継続できる粘り強さにプラスして、溢れんばかりの豊かな楽想を持った天才だったのだ。肩の力を抜いて作曲したこの作品のシンプルな美しさは、音楽を聴く本質的な喜びを味. 24『春』 ヴァイオリン・ソナタ第6番イ長調 op.

24 "Spring" ヴァイオリン・ソナタ第6番 イ長調 Op. ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第4番・第5番《春》 SHM-CD ギドン・クレーメル、マルタ・アルゲリッチ Gidon Kremer, Martha Argerich. ヴァイオリン・ソナタ第5番「春」ヘ長調 Op. 12-1) 『第1番』は、『第2番』に比べると著しく「ベートーヴェン的」だ。第1楽章のヴァイオリンとピアノの力強い同音で始まる第1主題からして、いかにもベートーヴェンの音楽らしい響きだ。第2楽章の変奏曲の構成も巧妙で、対位法的手法と相まって完成度は格段に高い。ヴァイオリンの扱いはまだぎこちないが、同時期に作曲された『ピアノ・ソナタ第8番《悲愴》』(op.

コンビニ受け取り送料無料!. 13)と比べてもなんら遜色がない出来栄えだ。 『第3番 変ホ長調』(op. 8 in G major, Op. Allegro ma non troppo (MONO) 00:06:11. 6 & 10) UCCG-1700 (P)(C)2105 Universal Classics & Jazz (国内盤) 好録音度:★★★★. ヴァイオリン・ソナタ 第5番 ヘ長調 作品24《春》第1楽章:Allegro 演奏者:庄司紗矢香 楽器:バイオリン 演奏者:カシオーリ(ジャンルカ) 楽器:ピアノ 作曲者:ベートーヴェン: 10分50秒: 5. ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番《春》・第7番・第8番 アルテュール・グリュミオー arthur grumiaux 限 定. Universal Music LLC.

ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番《春》、第6番&第10番 モーツァルトの時代には、今日「ヴァイオリン・ソナタ」と呼ばれているもののほとんどは、鍵盤楽器にヴァイオリンの助奏が付いた程度のものだった。ヴァイオリニストとピアニストが対等の立場で音楽を作り上げていくのが当たり前のこととなったのは、古典派からロマン派へと時代が移り行く中で、多くの作曲家が人間精神の営みをより深く表現しようと不断の努力を続けた結果である。もちろんそれは、ベートーヴェンが人生を賭けて取り組んだ課題でもあった。 ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全曲を通して聴くということは、一人の音楽家がどのように自己の精神と向き合い、どのようにそれを音楽に昇華させていったかということを目の当たりにする、またとないチャンスなのである。. ヴァイオリン・ソナタ 第5番 へ長調 作品24≪春≫ 第4楽章: Rondo. 30-3 ヴァイオリン・ソナタ第10番 ト長調. 36)が書かれた年でもある。3曲ともロシア皇帝アレキサンダーⅠ世に捧げられているが、献呈時には代金を払ってもらえず、12年後にウィーンを訪れた皇后エリーザベトが代金の30デュカーテンを支払ったという話は有名だ。 『第6番 イ長調』(op. Allegro ma non troppo 8. Amazon Musicでジャンルカ・カシオーリ & 庄司紗矢香のベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番《春》、第6番&第10番 をチェック。Amazon. ヴァイオリン・ソナタ 第6番 イ長調 作品30の1: 第1楽章: Allegro ヴァイオリン・ソナタ 第6番 イ長調 作品30の1: 第2楽章: Adagio molto espressivo ヴァイオリン・ソナタ 第6番 イ長調 作品30の1: 第3楽章: Allegretto con Variazioni (I-VI) ヴァイオリン・ソナタ 第5番 ヘ長調 作品24 : 第1楽章: Allegro ヴァイオリン.

27-2)が作曲されたのとほぼ同時期だ。この頃、彼の耳はますます悪くなっており、1802年10月6日には有名な「ハイリゲンシュタットの遺書」が書かれることになる。 『第4番 イ短調』(op. com で、ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番《春》、第6番&第10番 の役立つカスタマーレビューとレビュー評価をご覧ください。. 12-2) 最初に作曲されたのは、おそらく『第2番』のソナタだろう。3曲の中ではもっとも習作的な要素が大きく、主題の構成もよく言えば若々しいが、他の2作に比べて平凡で迫力に欠けるのは否めない。だがベートーヴェンのメロディ・メーカーとしての豊かな才能の片鱗は十分に発揮されており、とりわけ第1楽章、第1主題の生気溢れる響きは魅力的だ。 『第1番 ニ長調』(op. ヴァイオリン・ソナタ 第10番 Op. 24 Violin Sonata No. 10-1 ハ短調/Sonate für Klavier Nr.

67)や『ピアノ・ソナタ第8番《悲愴》』と同じく、ベートーヴェンにとって運命的な「ハ短調」で書かれている。内面の葛藤やヒロイックな感情の起伏がモザイクのように組み合わされた、いかにもベートーヴェンらしい悲痛さと雄大さを併せ持つ堂々たる作品だ。「ハ短調」の作品に傑作が多いのは、彼の激しい気質がこの調性と合っているからだろう。 『第8番 ト長調』(op. See full list on tokyo-harusai. ヴァイオリン・ソナタ第9番イ長調 Op. 30-2) この曲は『交響曲第5番《運命》』(op. 24 ヴァイオリン・ソナタ第6番 イ長調 Op. 96 - ベートーヴェン - 1812年成立。ベートーヴェンのパトロンであり弟子でもあるルドルフ大公に献呈。ベートーヴェンが、パリ音楽院のためのヴァイオリン教程(ピエール・バイヨ、ロドルフ・クロイツァーと共著. ベートーヴェン: ヴァイオリン・ソナタ第5番「春」ヘ長調 Op. 30 ヴァイオリン・ソナタ第10番ト長調 op.

23) 『第4番』では、それ以前の作品と比べてますますベートーヴェンらしさが表に出てくる。モーツァルトやハイドンの影響からほぼ抜け出し、ヴァイオリンの技術的な扱いにも慣れ、展開部の作曲技法の進歩とも相まって、より幅の広い感情表現が可能になってきたのだ。この曲は他人の模倣から完全に離れて彼独自の音楽を創り出していく、言わば出発点となった作品である。やり場のない怒りをぶつけるかのような第1楽章の第1主題、第2楽章のユーモラスな展開と第3楽章の悲劇的な色調のコントラスト。当時のベートーヴェンの鬱屈した不安定な心理状態をうかがい知ることのできる作品である。 『第5番 へ長調』(op. ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番『春』、第6番、第10番庄司紗矢香、カ. 第4番が3楽章までだったのに対し、第5番は全4楽章となり、ここでもベートーヴェンがヴァイオリンソナタという形式を発展させようとしている. ヴァイオリン・ソナタ 第5番 ヘ長調 作品24《春》第4楽章:Rondo. 96 ト長調/Sonate für Klavier und Violine Nr. 12-3) 『第3番』になると、構成はさらに一段と大きくなる。主題の対比も巧みで表現の幅も広がり、わずか数年間のベートーヴェンの作曲技法の進歩の大きさに驚かされる。変ホ長調という調性は《皇帝》や《英雄》と同じだが、ヴァイオリンにとって決してやさしい調性ではない。しかしそれだけに、柔らかな含みのある響きが生まれ、豊かな感情表現が可能になっている。人間には誰でも飛躍の年というものがあるが、彼にとって1797年から99年にかけての数年がそれに当たるのだろう。1800年にはいよいよ『交響曲第1番』(op. ヴァイオリン・ソナタ第5番ヘ長調 op.

/187764-70 /555978180 /54339/14 /225-81b1ba4f

ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番《春》、第6番&第10番

email: [email protected] - phone:(267) 483-8053 x 9185

ハウス オブ ドリームス - クリスマスベストポップス

-> Santa’s Rockin! [Classic Wiggles]
-> ルボー・サウンドコレクション ドラマCD カラーレシピ

ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番《春》、第6番&第10番 - This Worl Light


Sitemap 1

Bay Side Love~Love Song Collection~ - Brightness Proof